>

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイレバでも安全って!?


FXで負け越して躍起になると負け続けてしまいますが、一定期間を空けてチャートを見ると、見えていなかったことが見えてくることってありませんか?しばらくFXをお休みしていたんですが、久しぶりにFXチャートを開いてみて取引をしてみると面白い様に利確できています。

あれこれと手法を試してみましたが、私と相性が良いものはトレンドラインで1時間、4時間、日足が揃った時に同じ方向に20−30pipsとるという順張りの方法です。反転を狙って20pipsとか取ろうかなと欲を出した時には、見事に反転して、、、しかも、そこからどーーーーと一方方向に進んで損害が大きかったので、順張りが安全だなと。


私はハイレバに取り組んでいますが、このやり方は損失がなくて比較的安全かな〜って思います。私が取り組んでいる方法をお教えしますね^^;


1.まずXMで20ポンド(3800円)入金。
  (XMでは入金金額の50%ボーナスがもらえます。)

2.ハイレバで取引 2回(30pips x 2)
  → 76ポンド利益(14440円)

3.50ポンド引き出し(9500円)

4.投資金額は引き出したので、残りの利益で取引



最初の金額をハイレバで2回取引したら引き出します。そうすると、投資した金額を回収して利益からの取引になりますから、ハイレバが危険?というのが分からなくなってしまいますね^^

ハイレバの良いところは、少ない投資資金で大きく稼げるところです。例えば、1回の取引で1万通過で30pipsだと3000円となります。7000円勝つためには2万通貨以上で勝負する必要があり、資金も通常であれば30万円以上必要ですね。それを考えると、ハイレバだったら4千円弱で同じような取引ができるというわけです。

少しずつ資金を積み重ねていって、ある程度まで行ったところでレバを少なくすればリスクも減りますし、そもそも投資資金を引っ込めてしまえば、リスク自体もなくなるということです。私も、投資金額を引っ込めたので、これからは利益の中から取引をしていくということになります。ちなみにXMではすぐに資金を引っ込めるとボーナス分も取り消されてしまいましたが、出金は24h以内に行われ、銀行に反映待ちです。どれくらいで銀行に入金されたかも後日お伝えしますね。



話は変わりますが、別のところで読んだブログ記事が面白かったので、まとめてみます。



月に30pips勝つことって難しいですか?


という問いがあったんですが、YES!という人は少ないんじゃないでしょうか?

1日20−30pips勝てば良いねっという人がいる中で、月30pipsですよ???もし毎日30pipsだったら、月600pipsです。そうじゃなくて、月30pips。つまり、1日1.5pips。これは、勝てる!?と思える人が多いのではないでしょうか。


月に30pipsでハイレバで取引するとこうなります。

1万通貨   3千円
10万通貨  3万円
100万通貨 30万円
500万通貨 150万円


いやぁ〜、レバの力ってすごいですね。その分、マイナスも大きくなるので、取引するときには反転に気をつけてしないといけないですが、、、100万通貨で取引できるようになると、扱い額もすごそうです。

とりあえず、ハイレバで10万通貨で取引できるまで、資金を積み重ねたいと思います^^



忘れてはいけないのが、損切体制。これを間違えてしまえば、ハイレバ故にロスカットが待ち構えています( ;´Д`)一旦資金を引き上げてしまえば、大きな賭けもできますが^^;私は20pips分を損切においています。

つまり、、、

2万通貨 損切4000円
4万通貨 損切8000円
5万通貨 損切10000円

が1回の取引でマイナスとなる限度となる。と決めておけば良いですね。
今は60ポンド手持ちしかないので、3連敗するとアウトです( ;´Д`)勝率9割のトレードをしているので、大丈夫かとは思いますが。

こんな感じで行けば、5回トレード後には1日1万円のベースが出来てしまいますε-(´∀`; )

あとは、確実な所でトレードできるかどうかですね。焦らず行きましょう。


| イギリスからFX生活 - ハイレバFXを極めるブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://renaintheuk.blog115.fc2.com/tb.php/248-40bddbbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。